皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

更新日:

生命保険

生命保険を保険料で比較

カテゴリを選ぶ
年齢・性別を選ぶ

生命保険 人気ランキング

その他の生命保険ランキング詳細

生命保険とは

生命保険とは、自分や家族を守る「生活保障」の手段です。
自分が、死亡や病気、ケガ、介護などで、経済的な困難や理想とした生活ができなくなるようなことが無い様に将来のために備えるものです。
また、生命保険はお子さまの教育資金や老後の生活資金などの必要なお金を必要な時期やその目的にあわせて準備する手段としても、ご活用することができます。

生命保険の種類と保障内容

生命保険というと、どんな時にカバーできる保険を想像するでしょうか?
一家の大黒柱に万一のことがあった場合の保険を、生命保険と思い浮かべる人が多いと思います。
一般的には、死亡を保障する保険を生命保険と言いますが、お子さまの教育資金の準備のために備える学資保険も生命保険の一つです。
生命保険は、その目的から「リスクに備える保険」と「貯蓄性の高い保険」の大きく2つに分けることができます。

  リスクに備える保険 貯蓄性の高い保険
万一の死亡に備える 病気やケガに備える 介護に備える 貯蓄や資産形成に備える
加入する目的 大切なご家族のために 入院、手術などによる家計負担を補うために 要介護になった場合の生活のために お子さまの未来のために
老後の生活資金のために
保険種類
  • 死亡保険
    • 終身保険
    • 定期保険
    • 収入保障保険
    • 変額保険
    • 外貨建て終身保険
    • 一時払い終身保険
    • 養老保険
    • 組立総合保障保険
  • 医療保険・入院保険
    • 終身医療保険
    • 定期医療保険
    • 就業不能保険
    • 三大疾病の保険
  • がん保険
    • 終身がん保険
    • 定期がん保険
    • 治療実費型のがん保険
  • 女性保険
    • 終身女性保険
    • 定期女性保険
    • 女性保険のがん保険
健康に不安のある方に
  • 引受基準緩和型/限定告知型の死亡保険
  • 無選択型終身保険
  • 引受基準緩和型/限定告知型の医療保険
  • 無選択型医療保険
  • 引受基準緩和型/限定告知型のがん保険
 
  • 無選択型個人年金保険

目的別にそれぞれの特徴をみていきましょう。

万一の死亡に備える

万一の死亡に備える保険としては、定期保険終身保険収入保障保険等があります。
定期保険は保障期間が定められた保険です。保障期間は10年に設定されているのが一般的で、その間に死亡または高度障害になった場合、保険金が支払われます。
終身保険は保障期間の定めが無く、いつ亡くなっても保険金が支払われます。
途中で解約した場合、終身保険では解約返戻金が支払われますが、定期保険では掛け捨てタイプの商品が多いため、解約返戻金の支払いはほとんどありません。

病気やケガに備える

病気やケガに備える保険として医療保険と、特定の病気への備えに特化したがん保険等があります。また、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)に備える保険等、保障する特定の病気の種類をがん以外に増やした保険も発売されています。
がん保険では、入院の有無に関係なく、がんと診断されたら診断金が一括で支払われるタイプや、抗がん剤等の治療を受けると給付金が支払われるタイプ等があります。
医療保険のなかには、がん等の特定の病気になった場合、入院給付金日額が増額されるタイプや、入院給付金が支払われる日数が無制限になるようなタイプの保険もあります。

介護に備える

要介護になった場合に給付金が受け取れるのが民間の介護保険です。
多くの商品は、国が定めた要介護度に連動した形で一時金または年金(両方受け取れる商品もあります)が受け取れます。また、一時金や年金を受け取れる要介護度については、多くの保険会社が要介護2以上に設定していますが、保険会社独自の要介護度を設定しているところもあります。

貯蓄や資産形成に備える

計画的な貯蓄に備える保険として、積み立てと同様に毎月の保険料を支払い続けることで、子どもの高校や大学入学等に必要な教育資金を準備できる学資保険と、あらかじめ設定した年齢(60歳や65歳等)になったら年金を受け取れる個人年金保険等があります。
個人年金保険には、年金の受け取り方で確定年金、保証期間付終身年金、保証期間付有期年金があります。

死亡保険の種類

「死亡保険はいろんな種類があってよくわからない!」と思われがちですが、本当はそれほど難しいものではありません。
大きく分けると次の4つの基本型で説明することができます。

種類 イメージ 保険期間 解約返戻金 満期保険金 特徴
定期保険 定期保険 一定期間 △ 種類や契約により、有無は異なる × 保険期間(5年、10年、60歳、65歳など)に、病気や災害で死亡したり、高度障害になったりした場合、死亡保険金・高度障害保険金を受け取れる。
終身保険 終身保険 一生涯 〇 種類や契約により、金額は異なる × 保険期間が一生涯で、死亡するまで保障が継続される保険。一定期間でお支払いが完了するタイプと、一生涯払い続けるタイプのものが存在。
収入保障保険 収入保障保険 一定期間 △ 種類や契約により、有無は異なる × 被保険者が死亡または所定の高度障害状態になったときに保険金を毎月一定額ずつ受け取れる保険
養老保険 養老保険 一定期間 〇 払込保険料の累計額に応じて払い戻される。 〇 死亡保険金と同額の金額を受け取れる。 満期時に満期保険金を受け取ることができる貯蓄性に優れた保険。

生命保険の選び方

変化していくライフステージ

必要な保障は加入者の年齢や家族構成などの変化に伴って変化する為、現契約に医療特約や定期保険特約・傷害特約などの特約を中途付加したり、主契約や特約の保障額を減額するなど、加入後もライフステージの変化や契約更新の際に見直しを行うことが必要です。

ライフステージで選ぶ生命保険

保険を契約する際のきっかけや、見直しの際の重要なタイミングとなるライフステージの変化。
その人生の節目となる出来事を、「就職したとき」「結婚したとき」「出産したとき」「離婚したとき」「子どもが独立したとき」「退職(老後)したとき」の6つに分類しました。
また、それぞれのライフステージごとに、保険料を抑えたい、保障を手厚くしたい、貯蓄性を重視したいなどのご希望に沿ったおすすめプランをご提案しています。

年代×世帯別の生命保険

保険選びで重要なポイントとなる「必要な保障」は、年代により異なります。また、結婚しているかどうか、子どもがいるかどうかによっても大きく変わってきます。そこで、保険市場で実際に契約されている方のデータをもとに、世帯を「夫婦」「ファミリー」「独身」などに分け、それぞれの年代別における保険の加入傾向を分析。
その年代の特徴から、どのようなことに注意して保険を選べば良いかを、ポイントをしぼって解説いたします。

保険を決める前に知っておきたい事

保険市場では、保険に加入する前に知っておきたい基礎知識から、選び方のポイントまで、保険に関する役立つ情報をご用意しております。あなたの保険選びにぜひご活用ください。

コラムをもっと見る

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲